交通事故被害者の示談交渉、慰謝料増額、後遺障害認定、損害賠償請求、裁判、調停、損失利益の問題解決

四輪車対四輪車の事故

  • HOME »
  • 四輪車対四輪車の事故

交差点における直進車同士の事故の過失割合について

【目次】
交差点における直進車同士の事故の過失割合について

右折車と直進車との事故の過失割合について

右左折車と後方直進車との事故

T字型交差点における事故

路外出入庫の事故

追突事故(被追突車に法24条違反のあるとき)

駐停車車両に対する追突事故

信号機が設置されている交差点

AとBが衝突した場合を例に過失割合を説明します。
この時、A・B車両とも赤信号であった場合、一方だけが赤信号であった場合などの状況により、過失割合が決まってきます。

信号機 過失割合対比
車A 車B 車A 車B
青信号 赤信号 0% 100%
黄信号 赤信号 20% 80%
赤信号 赤信号 50% 50%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

信号機が設置されていない交差点

ほぼ同幅員の交差点

直進車同士AとBが衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

速度 過失割合対比
車A 車B 車A 車B
同程度 同程度 40% 60%
減速せず 減速 60% 40%
減速 減速せず 20% 80%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

一方が明らかに広い道路の場合

広路直進車Aと狭道直進車Bが衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

速度 過失割合対比
車A 車B 車A 車B
同程度 同程度 30% 70%
減速せず 減速 40% 60%
減速 減速せず 20% 80%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

一方に一時停止の規制がある場合

直進車Bに一時停止の規制がある直進車Aとが衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

速度等 過失割合対比
車A 車B 車A 車B
同程度の速度 同程度の速度 20% 80%
減速せず 減速 30% 70%
減速 減速せず 10% 90%
徐行 減速せず 0% 100%
一時停止後進入 ① 40%
60%

①Bが一時停止し、左右を見てAを認めたが、その速度や距離を見誤って交差点に進入し、Aと衝突した場合である。Aにも過失がある。

  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

右折車と直進車との事故の過失割合について

信号機が設置された交差点

同一道路の直進車Aと右折車Bが衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

信号機 過失割合対比
車A 車B 車A 車B
青信号で進入 青信号で進入 20% 80%
黄信号で進入 青信号で進入し黄信号で右折 70% 30%
黄信号で進入 黄信号で進入 40% 60%
赤信号で進入 青信号で進入し赤信号で右折 90% 10%
赤信号で進入 黄信号で進入し赤信号で右折 70%
30%
赤信号で進入 赤信号で進入 50%
50%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

信号機が設置されていない交差点

ほぼ同幅員の生活道路

同一道路の直進車Aと右折車Bが衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

過失割合対比
車A 車B
30% 70%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

広路から狭路へ右折の場合

広路直進車Aと狭道への右折車Bが衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

過失割合対比
車A 車B
20% 80%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

交差道路から進入した場合

ほぼ同幅員の道路で、直進車Aと右折車B(左方車)が衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

過失割合対比
車A 車B
40% 60%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

 

ほぼ同幅員の道路で、直進車Aと右折車B(右方車)が衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

過失割合対比
車A 車B
30% 70%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

一方が明らかに広い道路の場合

広路道路を直進車Aと狭路から広路へ右折車Bが衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

過失割合対比
車A 車B
20% 80%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

 

狭路道路を直進車Aと広路から狭路へ対向右折車Bが衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

過失割合対比
車A 車B
60% 40%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

 

信号機が設置されていない交差点で、狭路道路を直進車Aと広路から狭路へ同一方向右折車Bが衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

過失割合対比
車A 車B
55% 45%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

一方に一時停止の規制がある場合

信号機が設置されていない交差点で、直進車Bに一時停止の規制がある右折車Aとが衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

過失割合対比
車A 車B
15% 85%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

 

信号機が設置されていない交差点で、直進車Aに一時停止の規制がある右折車Bが左方車で衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

過失割合対比
車A 車B
70% 30%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

 

信号機が設置されていない交差点で、直進車Aに一時停止の規制がある右折車Bが右方車で衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

過失割合対比
車A 車B
70% 30%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

一方向が優先道路の場合

優先道路直進車Aに優先道路へ右折車Bが衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

過失割合対比
車A 車B
10% 90%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

 

非優先道路直進車Aに優先道路から非優先道路へ対向右折車Bが衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

過失割合対比
車A 車B
80% 20%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

 

非優先道路直進車Aに優先道路から非優先道路へ同一方向右折車Bが衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

過失割合対比
車A 車B
70% 30%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

その他の態様の事故

同幅員の交差点で左折車と直進車及び右折車同士の事故

直進車(右方車)Aと左折車(左方車)Bが衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

過失割合対比
車A 車B
50% 50%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

一方が明らかに広い道路である場合

直進車(広路車)Aと左折車(狭道)Bが衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

過失割合対比
車A 車B
30% 70%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

 

広路右折車Aと狭道右折車Bが衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

過失割合対比
車A 車B
30% 70%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

一方に一時停止の規制がある場合

直進車Aと左折車一時停止規制があるBが衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

過失割合対比
車A 車B
20% 80%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

 

右折車Aと一時停止の規制右折車Bが衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

過失割合対比
車A 車B
25% 75%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

一方が優先道路である場合

優先道路直進車Aと左折車(劣後車)Bが衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

過失割合対比
車A 車B
10% 90%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

 

優先道路右折車Aと非優先道路から優先道路右折車Bが衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

過失割合対比
車A 車B
20% 80%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

右折車同士の事故

同幅員の交差点で右折車Aと右折車Bが衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

過失割合対比
車A 車B
10% 90%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

左折車と対向右折車との事故

左折車Aと対向右折車Bが衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

過失割合対比
車A 車B
30% 70%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

右左折車と後続直進車との事故

追越が禁止される通常の交差点

追越直進車Aと右折車Bが衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

過失割合対比
車A 車B
90% 10%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

追越が禁止されてない交差点

追越直進車Aと右折車(あらかじめ中央に寄らない)Bが衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

過失割合対比
車A 車B
90% 10%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

追越直進車Aと右折車(あらかじめ中央に寄る)Bが衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

過失割合対比
車A 車B
90% 10%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

あらかじめ中央(左側端)に寄らない右(左)折車と後続進行車の事故

Bが左側端に寄るのに支障のない場合

直進車Aと左折車(左側端に寄るのに支障がない場合)Bが左折したため後続のAが衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

過失割合対比
車A 車B
20% 80%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

Bが中央線に寄るのに支障のない場合

直進車Aと右折車(中央線に寄るのに支障がない場合)Bが右折したため後続のAが衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

過失割合対比
車A 車B
20% 80%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

Bが道路条件等により予め左側端に寄っては左折できない場合

直進車Aと左折車(左側端に寄っては支障がある場合)Bが左折したため後続のAが衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

過失割合対比
車A 車B
40% 60%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

Bが道路条件等により予め中央に寄っては右折できない場合

直進車Aと右折車(右側端に寄っては支障がある場合)Bが右折したため後続のAが衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

過失割合対比
車A 車B
40% 60%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

T字型交差点における事故

直線路直進車と右左折車との事故

直進車Aと右(左)折車Bが右(左)折したため衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

状況 過失割合対比
交差点の状況 車の状況 車A 車B
同幅員の交差点 A 直進車 B右(左)折車 30% 70%
一方が明らかに広い道路である場合 A 直進車(広路)B右(左)折車(狭路) 20% 80%
一方に一時停止の規制がある場合 A 直進車(規制なしB右(左)折車(規制あり) 15% 85%
一方が優先道路である場合 A 直進車(優先車)B右(左)折車(劣後車) 10%
90%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

右折車同士の事故

右折車Aと右折車Bが衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

状況 過失割合対比
交差点の状況 車の状況 車A 車B
同幅員の交差点 A 右折車B右折車 40% 60%
一方が明らかに広い道路である場合 A 広路右折車B 狭路右折車 30% 70%
一方に一時停止の規制がある場合 A 右折車(規制なし)B 右折車(規制あり) 25% 75%
一方が優先道路である場合 A 優先道路右折車B 劣後道路右折車 20%
80%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

路外出入庫の事故

路外から道路に入る場合の事故

①道路外出入庫とは駐車場やガソリンスタンド、ドライブインへの出入り、荷物の搬出入等のために道路から道路外に出、あるいは道路外から道路に進入することを言います。

②そろそろ出て来て道路に少し頭を出して待機した後、発進して事故になった場合

直進車Aと道路外出庫車Bが衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

過失割合対比
車A 車B
20% 80%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

路外に出るために右折する場合の事故

直進車Aと道路外入庫車Bが衝突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

過失割合対比
車A 車B
10% 90%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

追突事故(被追突車に法24条違反のあるとき)

巡行速度で走行しているときに、合図もなしに急ブレーキをかけてると追突の危険性は極めて大である。他の客観的事情がないのに急ブレーキをかけた場合は一応この形態になると考えてよいであろう。

A車とB車両の過失割合を判定することになります。

過失割合対比
車A 車B
20% 80%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

駐停車車両に対する追突事故

駐停車Aと追突車Bが追突した場合を例に過失割合を説明します。この時、A車とB車両の過失割合を判定することになります。

過失割合対比
車A 車B
0% 100%
  • 過失割合の基本対比としており、修正要素は含まれておりません。

弁護士法人えん

一般的には、弁護士に相談した場合「相談料30分5,000円」という法律事務所が多く、依頼すると高額な費用がかかってしまうというイメージをお持ちの方がいるかもしれません。弁護士法人えんでは、ご相談料が無料!しかもご相談は何度でも無料の安心料金体制を整えております。また、いざご依頼となった場合でも、着手金0円!さらに弁護士費用も後払いですので、ご安心して下さい。
PAGETOP
Copyright © 交通事故相談アクセス All Rights Reserved.