交通事故被害者の示談交渉、慰謝料増額、後遺障害認定、損害賠償請求、裁判、調停、損失利益の問題解決

損害賠償

  • HOME »
  • 損害賠償

交通事故被害者はどのような損害賠償を請求することができるのか?

交通事故にあった被害者は相手方(加害者側)に損害賠償の請求ができます。誰にどれだけの金額を請求すればよいのか?

損害賠償の項目は四つに分けられる。

損害には
・積極損害(病院などの怪我の治療費や入院費、雑費、通院の交通費、義足、車椅子など現実に出費する損害)
・消極損害(交通事故にあわなければ手に入ったと予想される将来の収入減や働けなくなったことによる収入減・損失)
・慰謝料(交通事故によって被害者が受けた肉体的・精神的な苦痛に対する慰めるためのお金)
・物損(壊されたものに対する被害)
があります。

物損事故の場合は慰謝料(精神的苦痛)は認められません。しかし修理費・評価損・代車使用料等の損害賠償は請求できます。

保険会社が賠償額の計算と提示を行います。

これらの費目の損害額を合計し、過失割合により減額を行い、請求額を出します。実際には、保険会社が計算しますが、請求できる費目が抜けていないか、金額が妥当なのか確認が必要となります。

損害賠償における慰謝料の算定基準には3つの基準かがあります。

1. 自動車損害賠償責任(自賠責)基準
最低限の慰謝料基準

2. 自動車対人賠償保険(任意保険)支払い基準<
任意保険による慰謝料基準

3. 裁判所(弁護士)基準
裁判所の判例を基に作成し最も高額の基準

裁判所(弁護士)基準は、裁判所の判例などを基に、弁護士が損害賠償請求をする際に目安となるよう作成された基準であり、慰謝料に関する3つの基準の中で高めになっています。被害者側はこの基準によって損害賠償請求することとになりますが、金額はあくまでも請求の目安であって、裁判もこの金額で認められるわけではないことを理解しておいて下さい・なお、裁判所(弁護士)基準には、「青い本」「赤い本」があります。

損害賠償額の計算方法

人身事故の場合
詳しくはこちらへ

消極損害(治療費・介護費用・改造費など)+ 積極損害(休業損害・逸失利益)+ 慰謝料+その他(車・服装などの物損)

死亡事故の場合
詳しくはこちらへ

積極損害(葬儀・死亡までの治療費など) + 消極損害(逸失利益)+慰謝料 + その他(車・服装などの物損)

物損事故の場合
詳しくはこちらへ

修理費・買換え費用(修理の場合)    + 評価損害 + 台車使用料   + その他(レッカー代金・保管料・事故処理・現場復旧費用・建物破壊による損害など)

 

損害賠償

交通事故による骨折とは?

交通事故で救急車が出動
交通事故による骨折の種類 交通事故で頻出する骨折は、下記になります。 開放骨折 複雑骨折とも言います。折れた骨が皮膚から突き出ている状態を言います。 筋肉、血管、神経が傷つくことも多く、また露出部分から細菌が入り感染する …
コメントなし

骨折で後遺障害等級の認定を受けるには?

交通事故で骨折した画像
該当する骨折の後遺障害について 下記の骨折による後遺障害の症状が挙げられます。 表:骨折による後遺障害の代表例 欠損障害 上肢・下肢の全て、あるいは一部を失う障害です。失われた部位の大きさによって後遺障害慰謝料が変動しま …
コメントなし

弁護士費用特約を徹底解説

弁護士特約保険
弁護士費用特約とは 交通事故の被害者が、加害者や保険会社に対する損害賠償請求を弁護士にご依頼いただいた場合に、必要となる弁護士費用を被害者が加入されている保険会社が負担するという特約です。 被害者が加入している保険とは …
コメントなし

交通事故 休業損害の算出方法とは

交通事故で休業損害を算出し退院する男性の画像
休業損害とは 休業損害とは,交通事故の被害者の方がケガをしたことにより,入院や治療のために仕事を休むと、働くことができずに収入が減少することによる損害をいいます。 計算方法とは 休業損害の具体的な金額は,1日あたりの損害 …
コメントなし

誰に損害賠償を請求できるか?

車対車の交通事故
被害者本人が加害者に対し損害賠償の請求をするのが原則ですが、万が一、本人が死亡した場合には父母、配偶者、子どもも加害者側に請求できます。 損害には、積極損害・消極損害・慰謝料があります。 ・積極傷害は、病院などで怪我の治 …
コメントなし

人身事故の積極損害と消極損害・慰謝料について

交通事故被害者が入院し重体で点滴をしている
損害には、積極損害(病院などの怪我の治療費や入院費、雑費、通院の交通費、義足、車椅子など現実に出費する損害)と消極損害(交通事故にあわなければ手に入ったと予想される将来の収入減や働けなくなったことによる収入減・損失)と慰 …
コメントなし

弁護士法人えん

一般的には、弁護士に相談した場合「相談料30分5,000円」という法律事務所が多く、依頼すると高額な費用がかかってしまうというイメージをお持ちの方がいるかもしれません。弁護士法人えんでは、ご相談料が無料!しかもご相談は何度でも無料の安心料金体制を整えております。また、いざご依頼となった場合でも、着手金0円!さらに弁護士費用も後払いですので、ご安心して下さい。
PAGETOP
Copyright © 交通事故相談アクセス All Rights Reserved.