交通事故被害者の示談交渉、慰謝料増額、後遺障害認定、損害賠償請求、裁判、調停、損失利益の問題解決

死亡事故の慰謝料

  • HOME »
  • 死亡事故の慰謝料

交通事故の被害者が死亡した場合は、被害者本人分の慰謝料と被害者の遺族の慰謝料を損害賠償として請求できます。死亡による全損害のうち、3,000万円までは自賠責保険により支払われます。3,000万円を超えた損害は任意保険からの支払いとなります。

自賠責保険では、死亡事故に対する保険金として最大3,000万円が支払われることになります。面失利益・慰謝料・葬儀費などの全損害額が3,000万円以下でまかなえる場合は、自賠責保険により支払われます。自賠責保険での死亡事故の慰謝料は下記のとおりです。

死亡事故の慰謝料(自賠責保険)

項目 慰謝料
被害者本人の慰謝料 350万円
遺族の慰謝料 慰謝料の請求者と金額
・被害者の父母(養父母を含む)
・配偶者と子ども(養子・認知した子・胎児を含む)
・請求者1名の場合550万円
・請求者2名の場合650万円
・請求者3名以上の場合750万円
・被害者に扶養者があるときは、上記金額に200万円を加算

全損害額が3,000万円以上は任意保険基準で

全損害が3,000万円を超える場合は任意保険を適用する場合は、保険会社が被害者側に提示して交渉する際に任意保険基準となります。

任意保険に加入していない場合は、3,000万円を超えた分は、全て加害者側が負担となります。

死亡事故の慰謝料(任意保険基準)

項目 慰謝料
被害者が一家の支柱である場合(被害者の世帯が、主として被害者の収入によって軽軽を維持している) 1,450万円
被害者が18歳未満の場 1,200万円
被害者が高齢者の場合(65歳以上で一家の支柱でない場合) 1,100万円
被害者が上記以外の場合 1,300万円

任意保険基準は、各保険会社こどに定められており、公表されておりません。上記金額は平成9年まで統一的な任意保険基準がありましたので、参考として下さい。

 

弁護士基準(裁判所基準)は最も高額で交渉

弁護士基準は、自賠責基準・任意保険基準より高額な金額となっています。弁護士は、この弁護士基準で保険会社と交渉を行います。ただし、この金額は裁判で満額認められるわけではありません。

死亡事故の慰謝料(弁護士基準)

項目 慰謝料
一家の支柱の場合 2,700~3,100万円
一家の支柱に準ずる場合 2,400~2,700万円
その他の場合 2,000~2,500万円

(注)「一家の支柱」とは、被害者の過程が、主に被害者の収入で生活を立てている場合としている。「一家の支柱に準ずる」とは、家事の中心をなす主婦、養育が必要な子どもを持つ母親、独身者でも高齢な父母や幼い兄弟を扶養し仕送りをしている者としている。

まとめ

慰謝料の算定基準は、自賠責基準・任意保険基準・裁判所基準の3つの基準があります。一番低いのが自賠責基準でもっとも高いのは裁判所基準となっています。弁護士に交通事故問題を依頼した場合慰謝料が増える可能性があります。弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

弁護士法人えん

一般的には、弁護士に相談した場合「相談料30分5,000円」という法律事務所が多く、依頼すると高額な費用がかかってしまうというイメージをお持ちの方がいるかもしれません。弁護士法人えんでは、ご相談料が無料!しかもご相談は何度でも無料の安心料金体制を整えております。また、いざご依頼となった場合でも、着手金0円!さらに弁護士費用も後払いですので、ご安心して下さい。
PAGETOP
Copyright © 交通事故相談アクセス All Rights Reserved.