交通事故被害者の示談交渉、慰謝料増額、後遺障害認定、損害賠償請求、裁判、調停、損失利益の問題解決

後遺障害等級認定

  • HOME »
  • 後遺障害等級認定

後遺障害等級認定ついて

1.交通事故の後遺障害とは?

交通事故によって傷害が将来においても回復の見込めない状態(病状固定)となり、交通事故とその病状固定状態との間に相当因果関係(確かな関連性・整合性)が認められ、その存在が医学的に認められる(証明できる・説明できる)もので、労働能力の喪失(低下)を伴うもので、その程度が自賠責法施行令の等級に該当するものと定義されています。

交通事故により傷害し、一定の治療の末残ってしまった症状(後遺症)のうち、上記の要件を満たしたものを後遺障害として等級認定し、傷害部分とは別に損害賠償請求の対象としています。単なる後遺症では保険料が支払われないこととなります。

2.後遺障害に認めてもらうためには?

症状固定後に自賠責に対して「後遺障害等級」の認定申請をします。そして、自賠責によって等級認定されれば「後遺障害」が残った、ということになります。これが後遺障害等級認定、一般的に後遺障害認定(または後遺症認定)と言われています。

3.上位の後遺傷害等級を獲得するには?

後遺障害等級認定の申請方法には2通りのやり方があります。事前認定と被害者請求です。

加害者側保険会社に代わってやってもらうのが「事前認定」、被害者自らが申請するのが「被害者請求」です。

  • 事前認定とは

保険会社がすべての手続きをやってくれるので便利です。しかし相手側の保険会社が手続きを行うのです、どこまで綿密にやってくれるのかという疑問があります。また書類などは必要最低限のものだけを提出わけですから、そこに落とし穴があります。

  • 被害者請求とは

被害者請求は、自らが主張する申請で書面はもちろんのこと、きちんと整えて申請されます。しかし、あくまで被害者自身で適切な書面を用意しなければなりませんので、後遺障害等級認定に関し、適切なポイントを押さえた書面を提出できなければ、かえって等級認定されないということもありえます。

やはり交通事故の被害者請求に慣れた、後遺障害等級認定の経験豊富な弁護士が必要です。まずは交通事故弁護士などの専門家への相談をお勧めいたします。

 

慰謝料には「自賠責基準」「任意保険基準」そして「弁護士(裁判所)基準」という3つの基準がありますが、過去の裁判例を参考にする裁判所基準が最も高額な慰謝料を獲得する事ができます。

この裁判所基準による慰謝料を獲得するには、交通事故が得意な弁護士に依頼する事で、慰謝料が数百万円以上増額する可能性があります。

後遺障害者等級 自賠責保険基準 任意保険基準 裁判所基準
第1級 1,100万円 各保険会社が独自に定めていますが、自賠責保険基準よりやや高いが、ほぼ同額がほとんどです。 2,800万円
第2級 958万円 2,370万円
第3級 829万円 1,990万円
第4級 712万円 1,670万円
第5級 599万円 1,400万円
第6級 498万円 1,180万円
第7級 409万円 1,000万円
第8級 324万円 830万円
第9級 245万円 690万円
第10級 187万円 550万円
第11級 135万円 420万円
第12級 93万円 290万円
第13級 57万円 180万円
第14級 32万円 110万円

後遺障害

交通事故による骨折とは?

交通事故で救急車が出動
交通事故による骨折の種類 交通事故で頻出する骨折は、下記になります。 開放骨折 複雑骨折とも言います。折れた骨が皮膚から突き出ている状態を言います。 筋肉、血管、神経が傷つくことも多く、また露出部分から細菌が入り感染する …
コメントなし

骨折で後遺障害等級の認定を受けるには?

交通事故で骨折した画像
該当する骨折の後遺障害について 下記の骨折による後遺障害の症状が挙げられます。 表:骨折による後遺障害の代表例 欠損障害 上肢・下肢の全て、あるいは一部を失う障害です。失われた部位の大きさによって後遺障害慰謝料が変動しま …
コメントなし

胸腹部臓器・外生殖器障害の後遺障害の症状を徹底説明

交通事故で胸腹部の後遺障害でレントゲンを見ている医師
内臓及び生殖器の障害について等級が定められています。 胸部臓器の障害:心臓、心のう、肺、ろく膜、横隔膜等に他覚的に証明できる変化が認められ、かつその機能にも障害が証明されるものをいいます。 胸部臓器の障害とは 介護を要す …
コメントなし

醜状障害の後遺障害の症状とは

交通事故で醜状の後遺障害を受けたイラスト
醜状障害とは、交通事故によって、頭部、顔面部、くび又は上肢・下肢の露出面などに、目立つほどの傷跡が残ってしまった場合を言います。 場所の区分として、 外 貌:頭部から首までの日常露出する部分 露出面:上腕(肩関節以下)か …
コメントなし

脊柱の後遺障害を徹底説明

交通事故で脊柱の後遺障害となったイラスト
脊柱の後遺障害の種類(系列)としては、以下のものがあります。 変形障害:脊柱が変形したこと(圧迫骨折や破裂骨折や脱臼など)に関する後遺障害 運動障害:脊柱の動きが悪くなったことに関する後遺障害(背骨を曲げにくくなったなど …
コメントなし

神経系統の機能(むち打ち症を含む)・精神の後遺障害とは

交通事故でむち打ち症となったレントゲン画像
神経系統の機能又は精神の障害についての認定等級と認定の基準は以下の表のとおりです。 中枢神経系(脳)の障害とは 交通事故で頭部を受傷し、一定期間治療を受けても記憶力、判断力、注意力等が低下したり、性格が変化したりする障害 …
コメントなし

足指の後遺障害とは

交通事故で足指の後遺障害となったイラスト
手指の後遺障害種類(系列)としては、以下のものがあります。 欠損障害:足指の中足指節関節から失ったことに関する後遺障害 機能障害:足指の関節の動きが悪くなったことに関する後遺障害及び欠損障害に該当しない部位を失ったことに …
コメントなし

手指の後遺障害を徹底説明

交通事故で手指の後遺障害となったイラスト
手指の後遺障害種類(系列)としては、以下のものがあります。 欠損障害:手指の近位指節間関節(親指については指節間関節)から失ったことに関する後遺障害 機能障害:手指の関節の動きが悪くなったことに関する後遺障害及び欠損障害 …
コメントなし

上肢の後遺障害を徹底説明

交通事故で上肢の後遺障害となったイラスト
上肢は肩や腕のことです。 後遺障害の種類(系列)としては、以下のものがあります。 欠損障害:上肢(肩から手まで)の一定部分を失ったことに関する後遺障害 機能障害:関節(肩関節、肘関節、手関節)の動きが悪くなったことに関す …
コメントなし

下肢の後遺障害とは

交通事故で下肢の後遺障害となったイラスト
下肢とは、股から足までのこととなります。 後遺障害の種類(系列)としては、以下のものがあります。 欠損障害:下肢(股から足まで)の一定部分を失ったことに関する後遺障害 機能障害:関節(股関節、膝関節、足関節)の動きが悪く …
コメントなし

口の後遺障害を徹底説明

交通事故で口に後遺障害を残して診察を受けている
口の後遺障害は、そしゃく及び言語の機能障害・歯牙の障害に分かれます。 口の障害について 咀嚼(そしゃく):食物を摂取し、これを食のかたまりにして、のみこむまでの口腔、咽頭中で行われる生理的機能が正常に行うことができない状 …
コメントなし

鼻の後遺障害について

交通事故で耳の後遺障害となった男性
鼻の後遺障害としては、以下のものがあります。 欠損障害:鼻がなくなった 機能障害:鼻呼吸が困難となった 脱失・減退・機能障害:嗅覚がなくなった 傷害の程度 等級 鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの 9級5号 鼻の …
コメントなし

耳の後遺障害を徹底説明

交通事故で耳が聞こえない女性
聴力障害と耳殻の欠損で分かれています。 聴力障害について 聴力障害の等級は、純音による聴力レベル(純音聴力レベル)と語音による聴力検査結果(明瞭度)を基礎として認定されます。 ・聴力検査は日を変えて3回行います。ただし、 …
コメントなし

眼の後遺障害を徹底説明

眼の後遺障害を訴える女性
  眼の障害は、大きく分けて眼球の障害とまぶたの障害に区分されます。 眼球の障害について 視力障害:視力の低下に伴う障害 調節機能障害:調節機能の低下に伴う障害 運動障害:眼球の障害 視野障害:視野が狭くなった …
コメントなし

交通事故で起こる「むち打ち」とは

交通事故に遭遇し、むち打ち症となった
むち打ち症とは 交通事故による「むち打ち」の分類と症状について 頚部捻挫型 頚椎の周りの筋肉や靭帯、軟部組織の損傷で最も多くみられ、むち打ち症全体の70~80%を占めるとされています。 首の後ろや肩の痛みは、首を伸ばすと …
コメントなし

むち打ちの後遺障害について

むち打ちして首にギブスをしている女性
後遺症診断書を書くのは医師 むち打ちの自覚症状が、画像所見などをもとに医学的に証明できる場合で、「局部に頑固な神経症状を残すもの」といえるようなケースでは、12級が認定されます。むちうちについて医学的に証明できなくても、 …
コメントなし

後遺障害14級の慰謝料相場と慰謝料獲得の手順

むち打ちして首にギブスをしている女性
  交通事故の後遺障害等級として、症状が最も重いものを1級として、14級までを定めています。 各等級によって、保険金(慰謝料及び逸失利益)の金額が異なります。この記事では、後遺障害で14級と認定された際の後遺障 …
コメントなし

後遺障害等級13級となる症状と獲得できる慰謝料の相場

交通事故被害者が、腰が痛い
  交通事故の後遺障害等級として、症状が最も重いものを1級として、14級までを定めています。 各等級によって、保険金(慰謝料及び逸失利益)の金額が異なります。この記事では、後遺障害で13級と認定された際の後遺障 …
コメントなし

後遺障害等級12級の適切な慰謝料を獲得する7つの知識

交通事故でむち打ちとなり、首が痛い
交通事故の後遺障害等級として、症状が最も重いものを1級として、14級までを定めています。 各等級によって、保険金(慰謝料及び逸失利益)の金額が異なります。この記事では、後遺障害で12級と認定された際の後遺障害慰謝料につい …
コメントなし

後遺障害等級11級の症状と正当な等級を獲得する手順

交通事故に遭遇し、歯の治療をしている
交通事故の後遺障害等級として、症状が最も重いものを1級として、14級までを定めています。 各等級によって、保険金(慰謝料及び逸失利益)の金額が異なります。この記事では、後遺障害で11級と認定された際の後遺障害慰謝料につい …
コメントなし

 

弁護士法人えん

一般的には、弁護士に相談した場合「相談料30分5,000円」という法律事務所が多く、依頼すると高額な費用がかかってしまうというイメージをお持ちの方がいるかもしれません。弁護士法人えんでは、ご相談料が無料!しかもご相談は何度でも無料の安心料金体制を整えております。また、いざご依頼となった場合でも、着手金0円!さらに弁護士費用も後払いですので、ご安心して下さい。
PAGETOP
Copyright © 交通事故相談アクセス All Rights Reserved.