交通事故の後遺障害等級として、症状が最も重いものを1級として、14級までを定めています。

各等級によって、保険金(慰謝料及び逸失利益)の金額が異なります。この記事では、後遺障害で9級と認定された際の後遺障害慰謝料について解説するとともに、労働能力喪失率は35%と設定されており、慰謝料を正当な金額で受け取り、増額させる方法をご紹介します。

後遺障害9級の慰謝料を増額させる方法とは?

後遺障害9級による慰謝料を増額させるには、交通事故に強い弁護士に相談することです。

後遺障害9級で慰謝料を増額する画像

後遺障害等級9級に認定される後遺症

下記の表に後遺障害等級9級となる後遺障害をまとめましたので、ますはどんな症状が該当するのかをご確認ください。

後 遺 障 害 自賠責保険(共済)金額 労働能力喪失率
1号:両眼の視力が0.6以下になったもの 616万円 35%
2号:1眼の視力が0.06以下になったもの
3号:両眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
4号:両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
5号:鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの
6号:咀嚼及び言語の機能に障害を残すもの
7号:両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
8号:1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話し声を解することが困難である程度になったもの
9号:1耳の聴力を全く失ったもの
10号:神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
11号:胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
12号:1手のおや指又はおや指以外の2の手指を失ったもの
13号:1手のおや指を含み2の手指の用を廃したもの又はおや指以外の3の手指の用を廃したもの
14号:1足の第1の足指を含み2以上の足指を失ったもの
15号:1足の足指の全部の用を廃したもの
16号:外貌に相当程度の醜状を残すもの
17号:生殖器に著しい障害を残すもの

1号:両眼の視力が0.6以下になったもの

交通事故によって、両眼の視力が0.6以下になってしまった場合に後遺障害等級9級1号に認定されます。この場合の視力は裸眼ではなく、メガネやコンタクトなどの視力矯正をしても、一般的な視力に届かない場合に後遺障害とされます。

2号:1眼の視力が0.06以下になったもの

交通事故によって、片眼の視力が0.06以下になってしまった場合に後遺障害等級9級2号に認定されます。この場合も、視力は裸眼ではなく矯正視力です。

3号:両眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの

交通事故によって、視神経へのダメージで、両方の目に半盲症・視野狭窄・視野変状の症状が残ってしまったケースが9級3号に認定されます。視力自体は失われていませんが、視野の半分または一部分が欠けて見えなくなったり、視野が狭くなったりする症状です。

・半盲症

半盲症とは、視神経繊維が、視神経交叉又はそれにより後方において侵されるときに生じるものであって、注視点を境界として、両眼の視野の右半部又は左半部が欠損するものをいい、両眼同側の欠損するものは同側半盲、両眼の反対側の欠損するものを異名半盲といいます。

・視野狭窄

視野狭窄とは、視野周辺の狭窄であって、これには、同心狭窄と不規則狭窄があります。高度の同心性狭窄は、たとえ視力が良好であっても、著しく視機能を阻げ、周囲の状況をうかがい知ることができないため、歩行その他諸動作が困難となります。また、不規則狭窄には、上方におこるものや内方に起こるものもあります。

・視野変状

視野変状とは、半盲症、視野の欠損、視野の狭窄及び暗点が含まれるが、半盲症及び視野狭窄については、障害等級表に明示されているので、ここにいう視野変状は、暗点と視野欠損をいいます。

4号:両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの

両眼のまぶたに著しい欠損を残すものとは、瞼を閉じても角膜を覆い得ない程度のものをいい9級4号に認定されます。

5号:鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの

鼻の欠損とは、鼻軟骨部分の全部又は、大部分の欠損をいいます。鼻の著しい障害を残すものとは、鼻呼吸困難又は臭覚脱失をいい後遺障害9級5号に認定されます。鼻の欠損はその程度により、外貌醜状の場合は7級12号が認定されることもあります。

6号:咀嚼及び言語の機能に障害を残すもの

咀嚼機能に障害を残すものとは、固形食物の中に咀嚼できないものがあることで又は咀嚼が十分にできないものがあり、そのことが医学的に確認できる場合をいいます。言語の機能に障害を残すものとは、口唇音・歯舌音・口蓋音・咽頭音の4種の語音のうち1種の発音できない場合に認定されます。

7号:両耳の聴力が1m以上の距離では普通の話声を解することが出来ない程度になったもの

両耳の平均純音聴力レベルが60dB以上のもの、または、両耳の平均純音聴力レベルが50dB以上であり、かつ最高明瞭度70%以下のものをいいます。

8号:1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が1m以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの

1耳の平均純音聴力レベルが80dB以上であり、かつ他耳の平均純音聴力が50dB以上のものをいいます。

9号:一耳の聴力を全く失ったもの

1耳の平均純音聴力レベルが90dB以上の場合、後遺障害9級9号に認定されます。

10号:神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの

一般就労を維持できるが、問題の解決能力などに障害が残り、作業効率や作業継続力などに問題があるものなど、脳神経や精神障害により仕事の内容が相当に制限されてしまう場合をいいます。

11号:胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの

一般就労を維持できるが、胸腹部臓器機能の障害により仕事の内容が相当に制限される場合があります。症状としては、呼吸器系や心臓機能の低下・消化機能や泌尿器系の障害・ヘルニアなどが挙げられます。該当する主な症状は部位によってことなり以下の通りです。

呼吸器

肺の機能が低下してしまった場合

心臓

心臓機能が低下し、ペースメーカーをつける事になってしまった場合

消化器系

大きな食事制限や食事後のめまいなどがある場合

ヘルニア

立ち仕事を止められているなどした場合

泌尿器

腎臓や膀胱など泌尿器系の内臓に後遺障害が残った場合

12号:1手の親指、または親指以外の2の手指を失ったもの

片手の親指、あるいは親指以外の2本の指を失った場合をいいます。

13号:1手の親指を含み2の手指の用を廃したもの、または、親指以外の3の手指の用を廃したもの

片手の親指を含め2本の指の機能が失われたもの、または親指以外の3本の指の機能が失われた状態に後遺障害9級13号に認定されます。また、後遺障害9級13号に認定される症状には以下のようなものも含まれます。

・第一関節のその長さが2分の1以上を失った場合

・指の根元か第二関節の可動域が2分の1以下になった場合

・親指の第一関節の可動域が2分の1以下になった場合

・親指を立てる・手のひらにつけるといった動作時に、いずれかの可動域が2分の1以下となった場合

・神経麻痺の影響で指の存在感覚が無くなった場合

・物に触れる触角や温度感覚、痛感などが完全に失われた場合

14号:1足の第1の足指を含み2以上の足指を失ったもの

片足の親指を含む2本の指を根元から失った場合

15号:1足の足指の全部の用を廃したもの

・片足の親指の第1関節を切断し、長さが2分の1以下になった場合

・片足の親指以外の指を全て第一関節から根元まで切断してしまった場合

・片足の指が根元から第一関節にかけて、稼働範囲が2分の1以下になった場合

16号:外貌(がいぼう)に相当程度の醜状を残すもの

外貌とは、頭部・顔面部・頸部のように上肢及び下肢以外で日常露出する体の部分をいいます。

醜状を残すものとは、身体に醜いありさまを残したと表現しています。「相当程度の醜状痕」が残ると後遺障害9級16号に認定されます。

17号:生殖器に著しい障害を残すもの

交通事故によって、生殖器にダメージを負ったものをいい、具体的な症状は以下の通りです。

・陰茎の大部分を欠損した場合
・勃起障害を残す場合
・射精障害の症状が残った場合
・膣口が狭窄し性行為が不可能となった場合
・両側の卵管に閉塞や癒着を残す場合
・頸管に閉塞を残すもの又は子宮を失った場合

後遺障害9級の基準別慰謝料の相場

交通事故の慰謝料を請求する際は、3つの基準 があります。

自動車に必ず加入しなければならない強制保険(自動車損害賠償責任保険)の『自賠責基準』と、加入が任意である任意保険の『任意保険基準』、そして裁判所や弁護士による『弁護士基準(裁判所基準)』があります。

この3つの基準で、それぞれ支払われる慰謝料の金額が大きく異なってきます。この3つの基準の違いによって、慰謝料がどのくらい変わるのかを確認していきましょう。

自賠責基準の後遺障害9級の慰謝料

自賠責保険は法律で定められている強制保険で、後遺障害9級の慰謝料は被害者の個別具体的な事情に関わらず、245万円と定められています。この後遺障害9級の慰謝料はもっとも低い金額となります。  

任意保険基準は原則非公開

ここでいう保険会社は任意保険と呼ばれるものです。通常、 自賠責保険でカバーされない損害部分を支払うために利用されています。 

慰謝料について、保険会社は基準額を明らかにしていません。そのため、被害者は適正な金額が支払われているかどうか、わからないという問題があります。一般的には、任意保険基準は弁護士基準よりも低く、自賠責保険の上限と同額か、もう少し高い程度となるケースが多いです。

弁護士基準による後遺障害9級の慰謝料

裁判所は過去の判例の集積から、交通事故の被害の損害賠償額について一定の目安を持っています。この目安を一般的には裁判所基準といいますが、これは日弁連の発行する『民事交通事故訴訟 損害賠償算定基準』(通称・赤い本)に記載されています。 同基準では後遺障害9級の慰謝料額は690万円とされています。 

この弁護士基準は、交通事故の被害者が弁護士に依頼し、弁護士が示談交渉や後遺障害等級申請の手続きを行ったものであり、別途弁護士費用がかかりますが、このように、 自賠責基準と裁判基準では、3倍くらいの慰謝料の差がありますので、一般的には大幅に慰謝料が増えることがわかります。

この金額は相場であるため、後遺障害認定の有無や交通事故に強い弁護士の場合は、100万円単位で補償額が変わる可能性がある大切な事項です。したがって、後遺障害が認定される可能性がある場合には、必ず交通事故の専門家へ相談されることをおすすめします。

後遺障害等級9級になった場合の損害賠償額の相場

次に、後遺障害等級9級に認定された際の損害賠償額がどの程度もらえるのか見ていきましょう。

自賠責保険における保険金額と慰謝料の上限

項目 金額
自賠責保険の保険金上限額 616万円
自賠責保険の後遺障害慰謝料額 245万円
弁護士基準の後遺障害慰謝料額 690万円
労働能力喪失率 35/100

<後遺障害等級と後遺障害の慰謝料一覧>

等級 自賠責基準 任意基準(推定) 裁判基準
第1級 1,100万円 1,600万円 2,800万円
第2級 958万円 1,300万円 2,370万円
第3級 829万円 1,100万円 1,990万円
第4級 712万円 900万円 1,670万円
第5級 599万円 750万円 1,400万円
第6級 498万円 600万円 1,180万円
第7級 409万円 500万円 1,000万円
第8級 324万円 400万円 830万円
第9級 245万円 300万円 690万円
第10級 187万円 200万円 550万円
第11級 135万円 150万円 420万円
第12級 93万円 100万円 290万円
第13級 57万円 60万円 180万円
第14級 32万円 40万円 110万円

後遺障害等級9級で請求できる逸失利益の相場

逸失利益とは、首や手に鋭い痛みとしびれが残ってしまって、仕事が半分しかできなくなったり、事故で後遺障害を負わなければ将来得られていたはずの収入に対する保障です。逸失利益は障害の種類や被害者の年収によって金額が変わります。

後遺障害の逸失利益は【被害者の年収 × 労働能力喪失率 × 労働能力喪失期間に対応するライプニッツ係数】の計算式で算出されます

例えば、

年齢 年収 労働能力喪失率 ライプニッツ係数
45歳 500万円 35% 22年間(13.163)

※ライプニッツ係数で症状固定から67歳までとします。

年収(500万円)×労働能力喪失率(35%)×ライプニッツ係数(13.163)=23,035,250円が弁護士基準での逸失利益となります。

弁護士基準による後遺障害9級の慰謝料(6,900,000円)+ 後遺障害等級9級の逸失利益(23,035,250円)=29,935,250円となります。

労働能力喪失率

後遺障害等級によって変わってきますが、後遺障害等級9級の場合は 35/100の「35%」となります。

表:労働能力喪失率

後遺障害等級 労働能力喪失率 後遺障害等級 労働能力喪失率
第1級 100/100 第8級 45/100
第2級 100/100 第9級 35/100
第3級 100/100 第10級 27/100
第4級 92/100 第11級 20/100
第5級 79/100 第12級 14/100
第6級 67/100 第13級 9/100
第7級 56/100 第14級 5/100

労働能力喪失期間に対応するライプニッツ係数

67歳で定年退職をすると仮定して、現在の年齢から算定(22年)していきます。

能力喪失期間(年) ライプニッツ係数 能力喪失期間(年) ライプニッツ係数
1 0.9524 18 11.6896
2 1.8594 19 12.0853
3 2.7232 20 12.4622
4 3.546 21 12.8212
5 4.3295 22 13.163
6 5.0757 23 13.4886
7 5.7864 24 13.7986
8 6.4632 25 14.0939
9 7.1078 26 14.3752
10 7.7217 27 14.643
11 8.3064 28 14.8981
12 8.8633 29 15.1411
13 9.3936 30 15.3725
14 9.8986 31 15.5928
15 10.3797 32 15.8027
16 10.8378 33 16.0025
17 11.2741 34 16.1929

後遺障害9級の慰謝料を獲得するための手続き

後遺障害認定を受けるには、『事前認定』『被害者請求』の2種類の申請方法があります。

後遺障害の申請方法

事前認定 加害者の保険会社に一括して手続きを行ってもらえる申請方法
被害者請求 被害者自らが手続きを行う申請方法(弁護士に依頼可能)

事前認定は、加害者の保険会社に手続きを一任できるので、手間がかからないのがメリットです。しかし、保険会社には後遺障害の有無を立証する責任はないので、必ずしも認定のために尽力してくれるとは限りません。後遺障害認定がされれば、保険会社の負担額は増加するので、保険会社は等級認定について接触的でないのが通常です。

被害者請求は、被害者自身が自らの後遺症状を明確化するための資料を用意して送付できるので、後遺障害が認定される可能性が比較的高いのがメリットです。ただ、この手続きは手間だけでなく知識も必要になるので、準備に時間がかかるのが難点です…。

したがって、十分な立証活動をしたうえで、後遺障害等級認定を受けたいと思うのであれば、弁護士への相談を検討した方がよいでしょう。弁護士に被害者請求を任せるのが、最も認定率が高い認定方法になります。

後遺障害があれば交通事故に強い弁護士に依頼する

交通事故問題を積極的に取り組んでいる弁護士に相談する

交通事故に強い弁護士は、日頃から積極的に交通事故問題の解決に取り組んでいます。トラブル解決に関わることで、法律的な知識はもちろんのこと、医学的な専門知識に精通していることが非常に大切になってきます。まずは、専門の弁護士に相談するのをおすすめします。

交通事故問題の解決実績が豊富にあるか

交通事故の解決実績は重要なポイントとなります。
適正な慰謝料の金額の見積もりや後遺障害等級や訴訟した場合の見通しなど、適正な損害賠償金を得るために、法律的な知識だけでなく、医学的な知識を持っているなど周辺知識を持っているかいないかで損害賠償は大きく変わりますので、交通事故の解決実績が豊富な弁護士を見つけることが望ましいと言えます。

まとめ

いかがでしたか。当サイト交通事故弁護士相談アクセスは、交通事故問題に強い弁護士事務所を掲載していますので、ご覧ください。また、ほとんどの弁護士事務所は、相談無料となっています。依頼する前に、相談をして今後の方針を確認されてみてはいかがでしょうか。

関連する後遺障害

1級  ▶ 後遺障害等級1級の症状と認定を受けられる後遺症の具体例

2級  ▶ 後遺障害等級第2級の症状と認定を受けられる後遺症の具体例

3級  ▶ 後遺障害等級第3級の症状と認定を受けられる後遺症の具体例

4級  ▶ 後遺障害4級に認定される症状と適切な等級を獲得する方法

5級  ▶ 後遺障害等級5級を獲得できる症状と慰謝料を増額させる方法

6級  ▶ 後遺障害等級6級に認定される症状と獲得できる慰謝料

7級  ▶ 後遺障害等級7級の慰謝料と認定される症状まとめ

8級  ▶ 後遺障害等級8級に認定される症状

10級  ▶ 後遺障害等級10級となる症状と慰謝料の相場

11級  ▶ 後遺障害等級11級の症状と正当な等級を獲得する手順

12級  ▶ 後遺障害等級12級の適切な慰謝料を獲得する7つの知識

13級  ▶ 後遺障害等級13級とは?慰謝料相場と慰謝料獲得の手順

14級 ▶ 後遺障害14級の慰謝料相場と慰謝料獲得の手順

交通事故に巻き込まれ弁護士を探す

弁護士法人えん

一般的には、弁護士に相談した場合「相談料30分5,000円」という法律事務所が多く、依頼すると高額な費用がかかってしまうというイメージをお持ちの方がいるかもしれません。弁護士法人えんでは、ご相談料が無料!しかもご相談は何度でも無料の安心料金体制を整えております。また、いざご依頼となった場合でも、着手金0円!さらに弁護士費用も後払いですので、ご安心して下さい。