弁護士に依頼する

交通事故の示談交渉は初めて~相談する理由その①

交通事故は誰にでも起こりえます。警察の統計によると、平成30年度における交通事故死傷者数は52万9378人。たくさんの方が交通事故でケガをされたり亡くなったりしています。おそらくほとんどの方が初めて交通事故にあった方ではないでしょうか。

交通事故に遭遇し、そして示談交渉をする、ほとんどの被害者の方にとっては初めての経験だと思います。初めてだからこそ、いつも示談交渉を行っている専門家に一度相談してみていただきたいのです。そうすれば交通事故の示談がどのようなものか、お分かりいただけると思います。

交渉相手は保険会社や弁護士~相談する理由その②

初めての被害者に対し、慰謝料・保険金の示談交渉をする相手は保険会社とその代理人である弁護士です。

本来、保険制度というのは被害者のためにあるものです。しかし保険会社も保険金の支払いを少なくすることで利益を上げられるのですから、それは必死です。なんだかんだといって、保険金を少なくしようとします。また、普段から示談交渉慣れしている保険会社やその弁護士は、どの程度なら被害者があきらめるのか、よく知っています。だからこそ、いろいろな理由をつけて保険金の支払いを拒むのです。

一方被害者は、実際の示談交渉となるとその相場というものがなかなか分かりにくい。そもそも大きな保険会社がそういっているのだから、まあこんなものだろう、と示談書や免責証書にサインをしてしまうのです。交通事故の専門家である弁護士は、被害者に代わって、正当な額の保険金を得られるよう、日々保険会社と交渉しています。

交通事故専門弁護士の示談交渉~相談する理由その③

交通事故弁護士は、普段から交通事故案件を扱い、日々保険会社と戦っています。

どういった場合に保険会社がどういった行動を取るのか。
どういう理由で保険会社が支払を拒むのか。
どこまでやれば保険金を増額できるのか。
そして、裁判ではどういう扱いになるのか。

こういった案件については、最終的にどういう決着になるかある程度予測して動かなければなりません。それには、何度も示談交渉をしたことのある弁護士でなければなかなか予測しにくいと思います。まだ見えない未来を見通すことのできる専門家、それが交通事故に強い弁護士です。

弁護士法人えん

一般的には、弁護士に相談した場合「相談料30分5,000円」という法律事務所が多く、依頼すると高額な費用がかかってしまうというイメージをお持ちの方がいるかもしれません。弁護士法人えんでは、ご相談料が無料!しかもご相談は何度でも無料の安心料金体制を整えております。また、いざご依頼となった場合でも、着手金0円!さらに弁護士費用も後払いですので、ご安心して下さい。