交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリット、1番は精神的な負荷の軽減です。

交通事故で怪我をして入院治療を受けるだけでも大変なところに、相手方の弁護士や保険会社との交渉事や書類の準備が加わります。さらに将来に対し金銭的な不安に直面します。
弁護士にお問い合わせいただく多くの被害者の方は、こうした精神的な負担で疲弊している実態があるのです。

交通事故の処理に精通した弁護士に依頼すれば、事務的な処理の軽減だけでなく、金銭的にもある程度将来の見通しも立ち、見えない精神的負担から解放されます。実際に依頼された方も、この精神的なメリットをおっしゃる方が大勢いらっしゃいます。

弁護士に依頼するもう一つのメリットは、慰謝料・保険金が増額するという金銭的なものです。

交通事故の交渉においては、「自賠責保険の基準」、「任意保険の基準」、「弁護士の基準(裁判基準)」の3つの基準というものがあります。通常被害者に提示されるのは自賠責保険、または任意保険の基準です。弁護士基準は、過去の裁判判例をもとに弁護士が交渉を行うもので、被害者個人の方が交渉を行っても弁護士基準まで獲得できないのが実情です。

しかし単に基準が違うというだけではありません。保険会社が弁護士基準で素直に支払ってくれれば弁護士なんて楽なものです。しかし実際には違います。

保険会社もいろいろな理屈をつけて支払を拒みます。どのポイントでどの交渉をするか、というのも非常に大事です。後遺障害等級の獲得一つとってもかなりややこしい手続が必要です。こういったハードルを越えて、初めて慰謝料・保険金を増額できるのです。

さまざまなメリットがたくさんありますので、交通事故にあったら弁護士へ相談した方がベストの選択となります。

当サイトに掲載されている弁護士事務所は相談無料や着手金不要・弁護士介入で金額が上がらなかった場合は費用負担0円としている弁護士事務所が多く、お気軽にご相談してください。

弁護士法人えん

一般的には、弁護士に相談した場合「相談料30分5,000円」という法律事務所が多く、依頼すると高額な費用がかかってしまうというイメージをお持ちの方がいるかもしれません。弁護士法人えんでは、ご相談料が無料!しかもご相談は何度でも無料の安心料金体制を整えております。また、いざご依頼となった場合でも、着手金0円!さらに弁護士費用も後払いですので、ご安心して下さい。